2019年 春・第64回 定期戦  2019年6月15日(土)14時30分(甲南大学 六アイ・フィールド) 甲南大 VS 学習院大

第1Q
今年で64回目を迎える伝統ある定期戦です。 コイントスの結果、学習院大が前半レシーブを選択、大変強い風が吹くコンディションの中試合開始。 K#5丹羽君のキックオフでゲーム開始。 学習院大Rが自陣2Y付近でボールをキャッチ、リターン開始しますが#46桃田君のナイスタックルであまりリターンさせません。 学習院大自陣”24Y付近からの1st down &10、ランで左に展開しますが、LB#9大野君のナイスタックルであまりゲインさせません。 ラン、QBキープでFD更新を許しますが、次のシリーズではDL#41大藤君、 #66祝君等のQBサック等でディフェンスチームが踏ん張り4th downはパントとなり甲南大自陣45Y付近からの1st down&10、最初のオフェンスシリーズです。 RB#97宮井君のランを軸に攻めFD更新、QB#1山口君→TE#4水島君へのパス成功等で一気に敵陣レッドゾーンへ攻め込みます。 ゴール前7Yから1st down& to goalをRB#9大野君の中央突破でTD‼6-0と先制します。 TFPもK#36村田君が決めて7-0となります。 攻撃権が学習院大に代わりますが、LB#9大野君、#46桃田君等のナイスタックルでゲインさせず1Qが終了。
第2Q
甲南大のオフェンスシリーズはRB#97宮井君のラン攻撃を中心に随所でパスを交え効率よく敵陣に攻め込みます。 最後はQB#1山口君が右サイドへ展開、エンドゾーンに向けパスを投じます。TE#4水島君がジャンプしてキャッチ!、追加点となるTD‼で13-0。 SNP#43山崎君、HD#18坂本君、K#36村田君のユニットがきっちりとそれぞれの役割を果たしTFP成功で得点は14-0となります。 2Q終了まで1分を切ったところで学習院大に反撃のTDを奪われTFPも決まり14-7となりますが、甲南大も再び敵陣FG圏内まで攻め込み、残り時間0:04でK#36村田君がFGを決め17-7となったところで2Q(前半)終了となります。 ※ハーフタイム中に雷が鳴る等、天候が急変し、残念ながら試合続行が不可能となりました。 試合結果は前半のみとなります。 翌日には両チームによる試合形式の合同練習が行われました。 春シーズンはこの試合をもって終了です。 秋シーズン本番に向け、夏合宿や日々の練習で選手個々のスキルアップを期待します。


  第1Q 第2Q 第3Q 第4Q TOTAL
甲南大 7 10 17
学習院大 0 7 7

試合写真

2019年 春・西日本学生大会 2019年5月19日(日)13時30分(EXPO FLASH FIELD)甲南大 VS 神戸学院大

第1Q
曇り空で試合開始前より東から西へ強い風が吹くコンディションです。 コイントスの結果、甲南大が前半レシーブを選択。 神院大のキックオフでゲーム開始。甲南大自陣右サイド12Y付近でR#22平井君がキャッチし28Yリターンします。甲南大自陣40Y地点から最初のオフェンスシリーズ開始。 1st down &10、RB#22平井君のラン×2で21YゲインしFD更新。 敵陣41Y 1st down&10、QB#1山口君のキープ、RB#97宮井君のランでFD更新。 敵陣30Y 1st down&10、ラン×3で9Yゲイン、4th down&ショートはRB#97宮井君のランでギャンブル成功!FD更新。 ゴール迄18Y 、RB#22平井君に持たせてランを仕掛けます。#58岸本君、#72西谷君、#73片岡君、#75佐川君、#79新谷君等OL陣が神院大ディフェンスを完璧にブロックして出来た走路を平井君が駆け抜け先制のTD! 得点は「6-0」、K#36村田君がTFPをきっちりときめて、「7-0」と非常にテンポの良い攻撃での先制点となりました。 攻守入れ替わった神院大のオフェンスシリーズは4度のFD更新、最後はTDパスを決められてしまいます。TFPは不成功となり、「7-6」と序盤から点の取り合いとなり1Qが終了。
第2Q
自陣30Yから甲南大1st down &10で第2Q開始。 3rd down&10 からQB#1山口君のスクランブル16YゲインでFD更新、1st down &10をノーハドルで仕掛けますがフォルススタートの反則を取られ5Y罰退、QB#1山口君のキープで13Yゲイン、 2nd down&ショートからQB#1山口君→WR#14富田君へ17Yのパスが決まりFD更新。再びノーハドルで攻めます。 敵陣34YよりRB#22平井君のラン、神院大のオフサイド等で9Y進んで2nd down&ショート、QB#1山口君→TE#87赤松君へのパス成功でゴール前9Yと迫ります。 2nd down&6 QB#1山口君が右サイドに展開しエンドゾーンに投じたパスをTE#4水島君が見事ダイビングレシーブしTD! TFPは惜しくもポストに当たってしまい不成功となりますが得点「13-6」となります。 神院大のオフェンスシリーズは2度のFD更新を許しますが、甲南大ディフェンスチームの粘りもあり得点を許しません。 2Qも1分を切った甲南大自陣45Yから3rd down&ショート、 QB#1山口君からショベルパスを受けたWR#81内田君のランで14YゲインしてFD更新、敵陣41Yノーハドルからの1st down&10、 #72西谷主将を中心としたOL陣の見事なパスプロテクションからQB#1山口君→WR#14富田君へのパスが成功、富田君はそのまま23Yを駆け抜けTD!  TFPもK#36村田君が決めて得点は「20-6」となり2Q(前半)終了となります。
第3Q
神院大のレシーブで後半開始です。 キックオフされたボールを神院大自陣4Y付近でリターナーがキャッチしリターンを開始、中央から右サイドへ、神院大のリードブロックも良く、リターナーはそのままトップスピードでエンドゾーンへ! 後半開始早々に96Yのキックオフ・リターンTDを決められます。TFPも決まり「20―13」となります。 しかし次のプレーで甲南大にもビッグプレーが飛び出します。 神院大のキックオフでゲーム再開、甲南大自陣6Y付近でR#22平井君がボールをキャッチ、リターンを開始、#9大野君、#81内田君等のリードブロックも冴え94Yキックオフ・リターンTDのお返しです!! TFPもK#36村田君が決めて、「27-13」となります。 後半開始40秒で神院大に傾きかけた流れをすぐに引き戻すビッグプレーとなりました。 神院大自陣40Y 1st down &10からのラン攻撃はDL#41大藤君、#59井上君、#66祝君、#77大谷君等のチャージが早くゲインを許さず4th downはパントとなります。 甲南大自陣19Yからの1st dowon&10、ラン、パス、ランで12YゲインしてFD更新。 自陣31Yからの1st dowon&10、QB#1山口君→SE#80横山君への10Yパス成功そのまま敵陣23YまでロングゲインでFD更新。 その後もランで小刻みにゲインして最後は4th downギャンブルからRB#97宮井君が飛び込みTD! TFPも決まり「34-13」となります。 3Q残り時間3:17から神院大レシーブでゲーム再開となりますが、#52嶋守君のナイスタックルで大きくリターンをさせません。 神院大のこのオフェンスシリーズは結局FD更新出来ず4th downはパントとなり、続く甲南大のオフェンスシリーズもFD更新できず神院大自陣35Y迄ボールを戻したところで3Qが終了です。
第4Q
神院大のオフェンスシリーズで4Q開始です。 FD更新を一度許しますが、パス攻撃を中心とした次のシリーズはDB#25生水(兄)君、LB#9大野君のパスカットLB#46桃田君等のファンブルリカバーでターンオーバーとなります。 しかし甲南大、神院大共にのオフェンスシリーズもFD更新は出来ず再度甲南大のオフェンスシリーズとなります。敵陣21Yから1st down&10、RB#31行永君、#49新名君のランでFD更新、一気にゴール前へ。 1st down&to goal、QB#18坂本君が持ち込んでTD!、K#36村田君がTFPを決めて得点は「41-13」となります。 残り時間も僅かとなった神院大自陣40Yからのオフェンスシリーズは、ミドル、ロングとパスを決められゴール前5Y迄攻め込まれます。甲南大ディフェンスチームも何とか凌ぎたいところですが、最後はランプレイでTDを決められます。TFPも決められ得点は「41-20」となり、このままタイムオーバーで試合終了です。 結果は勝利となりましたが、神院大は同一リーグで秋のリーグ戦で再戦する相手です。 この試合で出た課題や反省点を日々の練習、ミーティングによって自信を持ってリーグ戦本番に臨んでほしいと思います。

  第1Q 第2Q 第3Q 第4Q TOTAL
甲南大 7 13 14 7 41
神院大 6 0 7 7 20

試合写真

2019年 春シーズン・新勧戦 2019年4月6日(土)11時(王子スタジアム)甲南大 VS 神戸大


試合前には両チームの選手入場、主将挨拶等、春シーズン初戦を飾るセレモニーも行われ新チームへの期待も高まります。

第1Q
コイントスの結果、神戸大が前半レシーブを選択、K#5丹羽君のキックオフでゲーム開始。 敵陣右サイド5Y付近で神戸大R#11がキャッチしリターンを開始します。甲南大ブロックチームもリターナーにラッシュをかけますが 神戸大ブロッカー陣に上手くかわされリターナーに約95YのリターンTDを決められ「0-6」、TFPも決められ「0-7」と早くも先制を許し追いかける展開となります。 甲南大最初のオフェンスシリーズもフレッシュ出来ずパントとなります。 自陣45Yより神戸大オフェンス、ランで20YゲインされFD、自陣20Yからの3rd down &10からエンドゾーン右にTDパス狙いますが DB#14富田君がWRをしっかりとマークしインターセプト!! ターンオーバーとなるビッグプレーです。 しかし両チーム、オフェンス&ディフェンスに大きな動きは無く第1Q終了です。
第2Q
自陣35Y付近より甲南大3rd down 5で第2Q開始。 QB#1山口君→WR#14富田君へのFDを狙ったパスも惜しくも不成功。4th downはパントとなります。 P#36村田君のパントは敵陣35Y付近へ、神戸大R#81がリターン開始。ここでも神戸大リターンチームのリードブロックが機能し約61Yを走り切られ この日二本目のリターンTD。TFPも決まり「0―14」とビッグプレーにて追加点を許します。DL#77大谷君、 #41大藤君らのナイスタックルでのQBサックも決まり、流れを呼び込む為にディフェンス陣も粘ります。 自陣10Y 甲南大1st down & 10 QB#18坂本君→WR#13岸本君へのパスが決まり17YゲインしFD! 甲南大オフェンスチームはノーハドルですぐさま攻撃に移ります。OL#72西谷主将を中心にOL陣がしっかりと走路を作りRB#6北口君のランによりFD‼更に ノーハドルで攻撃を続けるもフレッシュには至らず攻守交替となりますが神戸大にゲインをさせず、自陣25YよりRB#22平井君のラン、 QB#18坂本君→WR#81内田君へのパス成功でFD!  自陣38Yより1st down & 10 をノーハドルからRB#97宮井君のラン、ランでFD‼ 次シリーズ2nd down &10、QB#1山口君→WR#14富田君へのパス成功で6Y、 3rd down & 4、QB#1山口君からのパスをWR#81内田君が体制を崩しながらもナイスレシーブでFD‼!  敵陣33Yよりノーハドルでラン、3rd down & 8からQB#1山口君→WR#81内田君へTDを狙うロングパスが投じられますが紙一重で神戸大DBにインターセプトされターンオーバーとなりそのまま時計が進み第2Q(前半)終了です。
第3Q
甲南大レシーブで後半開始ですが、後半最初のオフェンスシリーズはフレッシュ出来ず攻守交替です。 神戸大にFDを2度更新され自陣2Y迄迫られ、2nd down & ゴールから左サイドに走り込まれTDを奪われます。 TFPも決まり「0-21」となります。 攻守交替キックオフからR#22平井君が55Yのビッグリターンを見せ甲南大応援席を沸かせます。 敵陣45Y、1st & 10からQB#1山口君→TE#87赤松君へのパス成功で6Yゲインしますが2nd down & 4からのプレーが反則となり10Y罰退、 3rd down & ロングから再びQB#1山口君→TE#87赤松君のランアフターキャッチで大きく前進しますがFDには1Y届きません。4th down & ショートから甲南大はギャンブルに出ます。 RB#97宮井君が期待に応えるランプレーでFDを奪います! 敵陣26YからQB#1山口君→TE#87赤松君へのパスが2度成功FD‼、神戸大レッドゾーンに入ります。 しかし神戸大のディフェンスも固く4th downでFG狙いに切り替えます。SNP#43山崎君、H#18坂本君、K#36村田君のFGユニットがそれぞれの役割をきっちり決めFG成功で「3-21」とします。 攻守交替となりますが神戸大はフレッシュ出来ずパントに、ここで甲南大にファンブルのミスがあり神戸大にリカバーされターンオーバーとなってしまいます。 自陣20Y、神戸大1st down & 10よりパス成功でフレッシュ、次シリーズ2nd downのプレーでDL#41大藤君がこの日二本目のQBサックを決め10Yのロスを奪います。3rd downで神戸大のパスが決まったところで第3Q終了です。
第4Q
4th downで神戸大はFGを狙い、これを決められ得点は、「3-24」とまた離されてしまいます。 神戸大のキックでゲーム再開です。ここでR#22平井君が再び甲南大応援席を沸かせるプレーを見せます! 自陣12Y付近でボールをキャッチし中央に抜けると見せかけ右サイドへ切り返します。 #6北口君、#9大野君、#46桃田君、#56水島君、#81内田君、#87赤松君、#97宮井君等のブロックも決まりそのまま自陣46Y迄ナイスリターン! 1st down & 10より、パス、パス、ランと攻めますがFDには2Y届かず4th downギャンブルでFDを狙います。 4th down & ショートからRB#97宮井君の中央突破で4YゲインしFD! QB#1山口君→WR#81内田君へのパス、QB#1山口君のスクランブルでFD‼ 敵陣25Yよりパス、パスと仕掛けますが神戸大のプレッシャーもキツく成功には至りません。 3rd down & 10、QB#1山口君のスクランブルから投じたパスに神戸大のパスインターフェアの反則が発生し、15Y 前進でオートマチックFDとなり、敵陣10Y、1st down & ゴールからQB#1山口君→WR#14富田君へのパスが決まりゴール前2Yからの2nd down、RB#97宮井君がOL陣が割った中央へ駆け込みTD‼ 得点は「9-24」、K#36村田君がTFPを確実に決めて、「10-24」となります。 神戸大のオフェンスを凌いで甲南大自陣23Y、3rd down & 10からQB#1山口君→WR#85松井君へのパス成功で13YゲインでFD! ここもノーハドルで素早く次の攻撃に入ります。1st down & 10からのロングパスは不成功となりますが、2nd down QB#1山口君→WR#13岸本君へのパス成功で6Y、 3rd down & 4、QB#1山口君から右サイドに駆け上がったRB#6北口君へのランアフターキャッチが決まり11YゲインしFD‼  敵陣47Yよりの攻撃も神戸大のディフェンスのラッシュも早く若干のロス等ありフレッシュ出来ず攻守交替になります。残り時間01:22。 神戸大は自陣17Y、4th down & 5からギャンブルを仕掛けてダメ押しのTDを決められ、「10-30」、TFPも決まり「10-31」、残り時間00:29。 甲南大は時間的にも最後のレシーブ&ドライブになります。 ここでR#22平井君が45Yのビッグリターンで三度応援席が沸き上がります。 残り時間00:03、QB#18坂本君がタッチダウンを狙うロングパスを投じますがパスターゲットと僅かにタイミングが合わず、パス不成功となりここで試合終了となりました。 結果は敗戦となり得点差も付いてしまいましたが内容的には攻守共に攻めの部分が感じられ、この試合で出た課題を繰り返し練習すれば今後の試合がとても楽しみに思えました。

  第1Q 第2Q 第3Q 第4Q TOTAL
甲南大 0 0 3 7 10
神戸大 7 7 7 10 31

試合写真

↑ PAGE TOP